消費者金融でもおまとめローン

いくつかの借り入れを抱えてしまっている、多重債務と呼べるような多くのカードローンやキャッシングの借金を作ってしまっている方に頼れるおまとめローンは、貸金業者である消費者金融でも利用が可能となります。

 

借り入れをまとめる

 

おまとめローンは複数の借金を一本化し、今後の返済負担を軽くするのを大きな目的とした借り方です。そのため、今現在よりも毎月の約定返済金額は少なく低く抑えられなければならず、さらには利息の支払いを減らすためにも年利や年率といった金利の利率も下げられるようにしなければなりません。

 

また、多くの借り入れを抱えていると総額では大きな借金額となるので、おまとめローンとして借りるところではまとめられるだけの大型の融資枠を持っている必要もあります。

 

それらを総合して考えるとおまとめローンは低金利で大きな限度額での借り入れが可能となる銀行のカードローンを利用する、あるいは金融機関のおまとめ専用のローンやフリーローンを用いたおまとめローンが一般的と考えられています。

 

しかし、実際には銀行などの金融機関以外の消費者金融で借りるおまとめローンもそれなりの需要、人気があるのも事実です。

 

消費者金融でまとめる利点

消費者金融は銀行に比べると金利が高く返済が重くなる、限度額が大きくないといった側面があるので、どうしても少額のちょっとした借り入れに利用をするところとイメージされる場合が多いです。実際に消費者金融は早くに借りる即日融資のキャッシング、つまり申し込み当日の今日中にお金が借りたいといった方に対する融資が中心となっています。

 

とは言っても全ての融資、貸付が小口の素早い当日中の対応としているわけではなく、あくまで審査の結果によりますが収入や信用情報をはじめとする返済の能力や、勤続年数や雇用形態、職業や職種によっては大きな金額をそれなりの実質年率で貸し付けるところもあります。

 

大手の有名消費者金融ならその可能性もあり、誰もが知る知名度や信頼性の高いプロミス、アコム、アイフルの最大手のサービスをはじめ、モビットでもおまとめローンとしての資金使途での借り入れも可能としています。

 

借り入れ先によってはモビットのようにおまとめローンや借り換えローンとしての商品を用意しているわけではなく、通常の手続きで借りたお金を使ったおまとめローン利用となるところもありますが、何れにしても消費者金融での借り入れの一まとめとなるおまとめローンの借り入れは可能となります。

 

専用の商品を利用する場合

利用をする消費者金融によっては、おまとめ用の借り換えローンを用意しているところがあります。例えば独立系消費者金融大手で上場企業となるアイフルにおいては、おまとめでの一本化は貸金業法に基づいたおまとめローンの「おまとめMAX」を用意しています。

 

一本化ではなく借り換えとしての利用においても「借り換えMAX」があり、さらにはアイフルにはプレミアムタイプの低金利で高限度額と条件に優れるカードローンもあります。それぞれの商品でおまとめや借り入れ先の乗り換えとなる借り換えで借りられるようになっているので、アイフルにおいては通常のキャッシングローンを利用するのではなく専用ローンで借りるのが理想です。

 

専用のタイプのローンで借りるのであれば安心して選べるようにはなりますが、注意をすべきは申し込みから審査、契約や融資の実行において、通常のキャッシングの手続き同様に来店不要でのWeb契約となるかは分かりません。

 

申し込みの内容や審査の結果、回答によっては店舗や契約機までの来店が必要となる場合があり、その際には免許証などの本人確認書類の他に、収入を証明する源泉徴収表などの所得証明を提出しなければならない場合もあるため、来店をする前にしっかりと確認をするようにしてください。

 

申し込み自体はネットで行えるなら審査結果の連絡時に確認、申し込み自体を店頭窓口で行う予定なら事前にコールセンターに電話をかけて確認をするなど、二度手間とならないように準備だけはしっかりとしておき、無駄なく契約手続きまで進められるようにしておくと良いでしょう。

 

その他の消費者金融の場合

アイフル以外で見てみると、プロミスではおまとめローンとして借りる場合には来店を必要としています。Web上でのスマホやパソコンでのおまとめ契約は行えず、あくまで店頭窓口などへの来店での手続きに限定がされています。

 

プロミスは自動契約機の設置数は消費者金融業界の中でも非常に多く、通常のカードローン契約なら三井住友銀行のローン契約機も利用ができるために広い地域で素早く対応が可能となりますが、おまとめ利用となるとそうもいきません。

 

通常のカードローン利用はプロミス契約機がある地域ならプロミス宮崎市のように土曜や日曜でもその日のうちに契約が行えますが、おまとめ利用となると難しいです。

 

普段のキャッシングローンであれば申し込み後の審査回答は最短30分、融資時間は最短1時間と振り込み融資であっても早くにお金が借りられ、金欠からも脱せられると評判のプロミスですが、おまとめローン利用となるとさすがに日数がかかることとなるので、急ぎで借りられるわけではないのです。

 

金利の低下よりも返済も一本化

消費者金融でのおまとめローンは返済時の利息を減らす金利の低下を期待するよりも、毎月の返済先を一つに絞る、1社にまとめるのが主な狙い、用途となります。金利を下げたいのあれば消費者金融でのおまとめは向かず、審査基準が厳しくなるために借りられるかのハードルが高くなりますが、銀行でのおまとめを考える必要があります。

 

借り入れ先が多いと毎月の返済日もばらばらで、10日支払いのところがあったり20日や25日、月末払いとなっているところがあるなど、一ヶ月のうちに何回も返済のための入金をしなければなりません。銀行振り込みで返済をすれば手数料がかかる場合もあり、コンビニなどの提携ATMでカードを利用した返済であるとしても、同様に時間内も時間外もATM利用手数料がかかる場合があります。

 

多くの借金を抱えているとそれだけで返済の負担が大きくなりますが、さらに手数料や手間の負担となると、金銭面だけでなく精神面、精神的にも負担が大きくなります。そのような状況で返済を進めても完済が見えてこないだけでなく、次第に返済が遅れがち、不足しがちにもなってしまいます。

 

返済が正常に行えなくなると信用情報機関であるCIC、JICC、全銀協といったところに悪い情報が記録され、数年間に渡って残り続けてしまいます。今後のローン審査や保証審査でも不利になってしまうので、返済を無理なく効果的に、効率的に進めるためにもおまとめローンを考えてみるべきなのです。

 

銀行でまとめるなら

銀行でのおまとめローンの一本化を考えるなら、限度額によって金利が下がるところとしたほうが良いです。大雑把な下限金利と上限金利の設定で、いくらの利率での契約となるのかは審査を受けてみないと分からないといったところでは、申し込みの段階での返済計画やシミュレーションが立てにくくなってしまいます。

 

おまとめローンとして借りる場合には希望額が明確に分かっているため、限度額による金利が定められているオリックス銀行などのカードローンであれば、申し込みの段階で適用されうる金利帯が分かります。その中での返済計画を組み立てればよいので、審査結果を待たずにある程度の完済までの流れが頭の中にできあがります。

 

オリックス銀行カードローンなら、おまとめとしての利用でも来店不要で口座の開設も不要でWeb上での手続きで契約が進められます。24時間いつでも申し込みが行えるので、金利を重視しつつ優れたおまとめローンでの借り入れをしたいと考えるなら、最短即日の審査回答となるオリックス銀行カードローンへの乗り換えを検討してみるべきです。

 

契約後にはカードの郵送がされますが、オリックス銀行が通常の業務で使用をしている封筒に入って送られてくるだけなので、封筒を見ただけではカードローンの契約とは分かりません。会社への在籍確認の電話に関しても担当者が個人名でかけるだけなので、家族にも会社にも知られにくい契約が行えるのもオリックス銀行カードローンの大きな利点と言えます。