月々の返済負担に注意

カードローンやキャッシングで借りた後は、毎月の決められた返済期日までに、約定返済金額の入金を行うのが基本となります。いくらずつの返済となるかは借り入れ先との契約内容によって決まり、多くは指定日時点での借り入れ残高によっていくらの返済になるのかが決められます。

 

審査の結果によって決まる限度額ではなく借りている金額によって決まるので、限度額が大きな好条件での契約となっているとしても、借りる金額が5万円や10万円なら返済も数千円ずつで行える場合が多いです。

 

例えば消費者金融大手のSMBCコンシューマーファイナンスが提供するサービスブランドとなるプロミスでは、10万円以下の利用時には返済は4,000円ずつと少しずつの支払いで借りられるようになっています。借りている金額が大きくなると段階的に返済金額も増えていくため、プロミスで借りるにあたっては少額の利用に留めれば毎月の返済は負担にはなりません。

 

ただ、プロミスなどの貸金業者である消費者金融からの借り入れは、どうしても上限金利での契約となる場合が多く、高い実質年率での利用となる点には注意が必要です。プロミスなら17.8%、その他の消費者金融は18.0%、中堅消費者金融で10万円を下回る借り入れの場合には20.0%の年率、利率での利用となる場合すらもあります。

 

それだけの金利で毎月の返済が少しずつとなると、完済までにかかる期間が長くなり、最終的に支払う総額が膨れ上がります。基本としては少しずつの返済で利用ができるのは負担を分散できるので利点ではあるのですが、任意での繰上げ返済を活用するなど積極的な返済も欠かせません。

 

返済に関してしっかりとしたスケジュールやプランを立ててお金を借りたいと考えるなら、店舗での相談を行うのも良いです。プロミスならさいたま市にも有人店舗のサービスプラザがあるので、土日などの休業日となると開いていませんが、平日の営業時間内なら気軽に相談ができるので足を運んでみると良いでしょう。